我慢する意味とは?我慢ばかりだと不幸になる!?

 

僕は社会人1年目の頃、超ブラック企業(飲食店)で働いていました。

 

当時は

 

  • 休憩時間もほとんどなく働き続ける毎日
  • 休みも少なく、自由のない日々
  • 労働時間の割にあまりにも少なすぎる給料

 

色々なことに不満がありましたが、我慢し続けました。

 

 

当時、店長には「最初は我慢する時期だ」と言われたものです。

 

僕は素直に店長の言っていることは正しいと信じ、

 

我慢し続けるしかないと考えていました。

 

というよりも、我慢する以外の選択肢がなかったと言った方が正しいかもしれません。

 

 

しかし、将来のことを考えているうちに

 

このまま我慢し続けたところで自分は幸せになれるのか?

 

と、思ったのです。

 

 

結果、いい未来がイメージできなかったので思い切って半年でそのブラック企業は辞めました。

 

 

苦痛でしかない仕事を毎日こなさなければならない人生。

 

 

そんなの、辛すぎますよね?

 

 

しかし、世の中は

 

「我慢こそ正義」、「我慢する人は偉い」みたいな風習があります。

 

 

というよりも、昔の僕と同じように

 

我慢する以外の選択肢がないという人がほとんどかもしれません。

 

 

たしかに、家庭を持ったりすると自分一人だけの人生ではないので

 

仕事など簡単に辞めることはできないと思います。

 

 

ですが、

 

我慢した先に自分の目指す未来や、明るい将来がイメージできないのであれば

 

思い切って早めに辞めるという決断をした方がいいのかもしれません。

 

 

 

 

僕も、辞めると決断する時はもちろん迷いましたし、

 

色々と考え悩むこともありましたが、

 

本当にあの頃早く辞めると決めてよかったと思っています。

 

 

あのまま働き続けていたら、今頃店長ぐらいにはなっていたと思いますが、

 

毎日仕事に埋め尽くされ、プライベートの時間もほとんどなかっただろうし、

 

今の嫁さんと結婚できてなかったと思います。

 

 

まあ、未来のことなんて誰にも分かりませんが、

 

心に余裕があれば人生がプラスに動くことは間違いないと思います。

 

 

我慢ばかりしていれば必ずいいことがあるとは限りません。

 

 

 

我慢と忍耐、辛抱の違いについて

 

 

 

我慢と似たような言葉に

 

「忍耐」や「辛抱」という言葉があります。

 

 

冒頭でもお話した通り、

 

我慢というのは

 

マイナス面しかないと個人的には思っています。

 

 

我慢した先に自分が目指すものやメリットがあるのか?

 

 

そこを考えてみるといいと思います。

 

是非、あなたも考えてみてください。

 




 

どうでしょうか?

 

 

もし、プラスのイメージが沸かないのであれば、それは我慢です。

 

 

逆に、

 

今は辛いけど、それを乗り越えた先に自分の目指すべきものがあったり、

 

それを耐えることで手に入るメリットが大きいなら

 

それは我慢ではなく、「忍耐」や「辛抱」です。

 

 

 

どうでしょうか?

 

我慢と忍耐、辛抱の違いについて何となく理解して頂けたでしょうか?

 

 

もし、あなたが今辛かったり、我慢したくない。

 

と思っているのであれば、一度自分の将来について考えてみるといいと思います。

 

 

 

【人生名言】

我慢の先には不満がある。
辛抱の先には希望がある。
我慢はいつか耐えられなくなる。
辛抱はいずれ花開く。
我慢はしなくていいから辛抱しよう。

 

 

 

我慢は必要ない。しかし「忍耐」や「辛抱」は大事

 

 

ここまで、我慢と忍耐について説明してきました。

 

 

簡単にまとめると、

 

我慢はマイナスしかない。

 

忍耐や辛抱は、手に入る未来がある。

 

そんな感じです。

 

 

我慢はマイナスなので、人生においては不要なんです。

 

 

マイナスばかり貯めても、幸せにはなれません。

 

むしろ、不幸になってしまうのです。

 

それに、いつか爆発してしまう可能性だってあります。

 

 

世の中は、我慢はいいことだという風習がありますが、

 

考えてみてください。

 

 

たった一度きりの人生なのに、

 

好きでもなく、どちらかというと嫌いな仕事を毎日続けなければいけないなんて、

 

苦痛以外のなにものでもありませんよね?

 

 

それでも、一生我慢するしかない

 

これが本当に正しいことなのでしょうか?

 

 

僕は、我慢は人生において必要ないと思っています。

 

 

ただ、忍耐や辛抱は必要だし、大事だと思います。

 

 

なぜなら、我慢はマイナス(ストレス)なので、

 

蓄積されればやがて不幸に陥っていまう恐れがあるからです。

 

 

一方で、忍耐や辛抱というのは、

 

辛いという面では我慢と一緒ですが、

 

その先に大きなメリットがあります。

 

 

例えば、

 

僕がやっているアフィリエイトの世界も最初は大変ですしもちろん苦労もします。

 

 

ですが、一生辛い状態が続くわけではなく、

 

軌道に乗ってしまえば圧倒的に自由な未来が手に入ります。

 

 

その意味ではアフィリエイトの世界の努力というのは我慢ではなく、忍耐、辛抱だと言えます。

 

 

 

PS.

 

 

我慢することを辞めるというのは、

 

ただ嫌なこと、辛いことから逃げるというわけではありません。

 

 

自分の人生をより良い方向に向かうために軌道修正だと僕は考えています。

 

 

 

しかし、、世の中、特に日本は我慢こそが正義だという文化が根付いているので

 

どうしても根性論を押されてしまいます。

 

 

あなたも僕も、皆たった一度きりの人生なので

 

他人に左右されることなく自分の人生は自分で決めたいものですね。

 

 

どうか、批判されることや、周りの目を気にすることなく

 

思い切って自分の人生を生きてみてください。

 

 

辛いことがあっても、忍耐強く辛抱すれば必ず人生がいい方向に進みだします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材