他人と比べてしまう時、劇的に人生が変わる考え方

 

僕は1994年生まれでプロ野球選手の大谷と同じ年です。

 

友達とこんな話題なりました。

 

 

友達A

 

 

大谷は同じ年なのに、自分たちが一生かけて稼ぐような金額を1、2年で稼いでいるのか。

 

はあ、働く気が失せるな。


 

友達B

 

 

いや、大谷と比べたらダメだよ。笑


 

友達A

 

 

もう、サラリーマン辞めよっかな。笑


 

 

あなたはこの会話を聞いて、どう感じますか?

 

 

分かる、分かる。
大谷と比べるなんて、そりゃ勝ち目ないよね

 

と、思う人もいれば

 

 

人は人、自分は自分だから別になんとも思わない

 

と、感じる人もいると思います。

 

 

または、

 

同年代でそんなに凄い人がいるんだ。

 

自分もビッグになりたいな。

 

と、考える人。

 

 

他人と比較した時の感じ方ひとつで色んな考えがあります。

 

 

この、考え方が人生を大きく変えるのです。

 

 

他人と比較すること自体は悪いことではない

 

 

他人と比較する癖を辞めるコツ などを紹介したり、

 

他人と比較するのは良くないと主張している人は多いと思います。

 

が、

 

僕は人と比べること自体が悪いことだとは思っていません。

 

 

他人と比較してネガティブに捉えることが悪いことだと思います。

 

 

なぜなら、他人と比べて

 

この人みたいになりたい!と思って頑張るきっかけになったとしたらどうでしょうか?

 

 

この場合、他人と比べることによって、プラスのエネルギーが働いています。

 

 

逆に、他人と比べて

 

どうせこの人は才能があったんだ。自分には無理だ

 

と、ネガティブに捉えた場合、マイナスのエネルギーが働いていますね。

 

 

要は、人と比べること事態が悪いのではなく、

 

捉え方、考え方によってプラスになったりマイナスになったりするということです。

 

 

だからこそ、

 

僕は、他人と自分を比べて劣等感を抱くのは無意味だと思うんです。

 

 

劣等感と優越感について

 

他人と比べて、

 

自分には無理だとか、自分には才能がないと捉えて劣等感を抱くこともあると思います。

 

が、劣等感を抱くことははっきりいって無意味です。

 

 

なぜなら、他人を羨んだりしても何も現実は変わらないからです。

 

 

また、他人と比べて

 

劣等感ではなく、優越感を持つ人もいます。

 

 

例えば、

 

自分より貧しい生活をしている人を見て

 

ああ、この人はかわいそうだな。

 

とか、

 

何か物事が上手くいかない人を見ては

 

あの人よりも自分の方が優れていると思ったり。

 

 

これも、劣等感と同じようにプラスのエネルギーではないので良くないです。

 

 

優越感というのは、ただ承認欲求を満たしたいという人間の欲なんです。

 

 

たしかに、承認欲求が満たされると一時的にはいい気分になるかもしれません。

 

が、承認欲求を求めるばかりでは人生が悪い方向に流れてしまいます。

 

 

なぜなら、そこに成長はないからです。

 

 

つまり、劣等感も優越感も人生においてはマイナスなのです。

 

 

やっぱ、人と比べるのを辞めた方がいいのでは?

 

と思われたかもしれませんが、

 

 

先ほども言ったように、僕は人と比べること自体が悪いわけではないと思っています。

 

 

人と比べた時の考え方が重要だからです。

 

 

ネガティブからポジティブに

 

 

人と比べて劣等感を抱くことは無意味です。

 

ネガティブになっても人生は何も変わらないからです。

 

 

この、考え方を少し変えてみましょう。

 

 

自分より凄い人なんてたくさんいる。

 

それを素直に認めた上で

 

自分より凄い人たちの考え方などを参考にして、自分の成長に繋げてみるとどうでしょうか?

 

 

例えば、

 

 

自分と同じ年、または年下でも月収100万や200万。

 

年収数千万稼ぐ人なんてザラにいます。

 

 

そこで、そんな人もいるのかもしれないけど、

 

 

自分には才能がないから無理だ。と諦めるのか、

 

 

そういう人たちがいるなら自分だって可能性がある

 

どうやったらそんなに稼げるんだろう?

 

 

と、考え方を変えるだけでそこから劇的に人生が変わり始めるのです。

 

 

 

何が言いたいのかというと

 

結局、自分の人生は自分で決めているということです。

 

 

つまり、

 

もし、あなたが月20万〜30万円ぐらいの給料で生活しているということは

 

それぐらいの生活を自分で選択しているということになります。

 

 

要するに、ほとんどの人間は無意識のうちに自分の限界を決めているのです。

 

 

だからこそ、

 

自分より凄い人たちと比べてみて

 

なんでその人たちは凄い結果を残しているんだろう?

 

という部分を考えてみるといいのです。

 

 

すると、

 

必ず努力が見えてきます。

 

その努力の仕方などを参考にすれば自身の成長に繋がります。

 

 

 

他人と比べた時、

 

劣等感を抱いてマイナスになるか、

 

逆に自分より凄い人の努力の部分を参考にしてプラスにするか

 

 

今の位置からマイナスにいくか、プラスにいくかで人生が劇的に変化します。

 

 

是非、他人と比較したときの考え方のひとつとして参考にしてみてください。

 

 

 

PS.

 

 

収入が全てではないかもしれませんが、

 

自分より稼いでいる人なんていくらでもいます。

 

 

どれぐらい稼げれば満足するかなんて人それぞれの価値観なので一概には言えませんが、

 

 

僕は月収100万以上は稼ぎ続けていきたいと考えています。

 

 

そのために自分より稼いでいる人の考え方などを参考にすることにしました。

 

 

まだ、自分の目指すレベルまでは達していませんが、

 

月収100万ぐらいなら努力次第で届くレベルだと確信できるようになりました。

 

 

これも、考え方を変えてみたから気づいたことです。

 

 

他人と比べた時、優越感も劣等感も捨てて

 

素直に、ポジティブに考えるとマインドセットすると人生観が変わってくるものです。

 

 

 

よろしければ、是非こちらも見てみてください。↓

 

自分でお金を稼ぐ力を身につけて人生を変える方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材