貧乏な人と金持ちになれる人について

 

 

 

 

 

あなたは

 

「金持ちになる方法を教えます」

 

「働かなくてもお金を稼ぐことができます」

 

 

と言われたらどう思うでしょうか?

 

 

 

最初から怪しいと思って聞く耳を持たない人もいれば、

 

本当かな?と興味を持つ人もいます。

 

 

たしかに、「働かなくてもお金を稼げます」なんて、胡散臭いと思われがちです。

 

 

しかし、結論から言うと

 

働かなくてもお金を稼げるというのは事実です。

 

 

実際に僕も働かずに収入を得たことがありますし、世の中にはそんな人がたくさんいます。

 

 

しかも、働かずに収入を得ることこそが金持ちになるための方法なんです。

 

 

 

どうしても怪しいと思ってしまうのにはある理由があります。

 

 

日本人は特にお金を稼ぐということに悪いイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、僕がまず言いたいことは

 

お金を稼ぐこと、金持ちになることは何も悪いことではない

 

ということです。

 

 

考えてみてください。

 

 

お金を稼ぐということは

 

社会に価値を提供してその対価としてお金を受け取るということです。

 

 

つまり、お金を大きく稼いでいる人ほどその分社会に価値を提供しているということになります。

 

 

逆に言うと、お金を稼いでいないということは社会に貢献していないということになってしまいますね。

 

 

だからこそ、お金を稼ぐというのはいいことなんだというのが僕の意見です。

 

 

まずはお金についてネガティブなイメージを無くすことが金持ちになるための第一歩だと思います。

 

 

貧乏な人と金持ちになれる人のまず一つ目の違いは

 

お金に対する価値観ではないでしょうか。

 

 

貧乏な人と金持ちのお金の使い方の違い

 

 

お金に対して悪いイメージを持っている人ほどお金が貯まりません。

 

常にお金の悩みが尽きないのです。

 

 

お金に対して悪いイメージを持っている人ほど貯金できなかったり、お金の悩みが尽きないのは実は偶然ではなく必然なんです。

 

 

なぜなら、潜在意識(無意識)的に大金を持つことはいいことではないと考えてしまうからです。

 

お金に対して悪いイメージを持ってしまっている人は

 

思いがけない大金が入ってきたとしてもその分浪費してすぐに元の経済状態に戻ってしまいます。

 

 

潜在意識(無意識)の領域で大金を持つことを拒否してしまうからです。

 

 

無意識なので気付かないうちにどんどん浪費してしまい

 

いつまでたっても金銭面の悩みが尽きないというのが貧乏人、
金持ちになれない人の特徴、お金の使い方です。

 

 

一方、お金持ちになれる人の特徴は

 

浪費ではなく、投資にお金を使います。

 

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作るためにお金を使うということです。

 

 

金持ちになれる人はさらにお金を増やすためにどんどん投資して資産を増やし

 

貧乏な人は収入が増えたとしても浪費も増えるので一向に金銭面の悩みが無くならないのです。

 

 

 

だからこそ、お金の使い方によってどんどん差が開き

 

金持ちは資産からの収入で生活出来るようになれば働かなくても生活が出来るようになるということです。

 

 

そして資産からの収入が生活費を超えれば自動的にどんどんお金が貯まっていくので

 

経済的にも精神的にも安定だと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

文章を書くだけで金持ちになれる?

 

ここまで

 

世の中で貧富の差が生まれる原因を解説してみました。

 

 

実はこれを知らない人がほとんどです。

 

 

僕のブログに来て頂き、この記事を読んでくれた人がこの事実を知って頂けただけでも僕はこの記事を書いて良かったと思っています。

 

 

実はこのブログも僕が寝ている間も遊んでいる間もお金を生み出してくれる資産になります。

 

 

つまり、究極を言えば

 

文章を書くだけで働かなくても生活できるということです。

 

 

もしかすると、そんなの信じられないかもしれません。

 

 

やっぱり怪しいとか、文章を書くだけで働かなくてもいいぐらい稼げるなんて胡散臭いと思われるかもしれません。

 

 

でもそれは仕方ないことなのかもしれません。

 

 

お金の稼ぎ方といえば

 

自分の時間を削って働いて収入を得ることしか教わらないからです。

 

 

学校では将来使うかどうかも分からないような勉強はたくさんするけど、お金についての勉強は一切しません。

 

 

僕たちは、幼い頃から学校や周りの人間から

 

長時間低賃金で働くサラリーマンになるように意図的に教育されて大人になるのです。

 

 

だからこそ、収入を得る=働くという価値観が生まれるわけです。

 

 

その周りから植えつけられた価値観のせいで

 

働かなくても収入を得ることができるという事実を受け入れられないんです。

 

 

しかし、文章を書くだけで働かなくてもお金を稼ぐことが出来るというのは紛れもない事実です。

 

 

 

PS.

 

 

文章を書くだけで働かなくてもお金を稼ぐことが出来るなんて、僕も正直最初は半信半疑でしたが、

 

ブログやサイトを作成して生計を立てている人が世の中にはたくさんいるので

 

実際に毎月数百万稼ぐ人の真似をしてみました。

 

 

考えてみてください。

 

 

サラリーマンは毎日朝から晩まで働いても月20万〜30万円程度しか稼げないのに、

 

文章を書くだけで働かずにサラリーマンの月収や年収をたったの1日や1ヶ月で稼ぐことが出来るなんて

 

 

世の中不平等だと思いませんか?

 

 

何も知らないまま常識を疑うこともなく働き続けるだけでは一生金持ちにはなれないのです。

 

それを意図して隠され

 

  • いい学校を出て
  • いい企業に就職し
  • 同じ会社でずっと働き
  • 老後は年金暮らし

 

そんな生き方が安定だと思い込まされているのです。

 

 

ずっと働き続けても1ヶ月をようやく食いつなげる程度の収入しか得ることができないのに

 

その給料内から貯金するとなると、せいぜい数万円が限界ではないでしょうか。

 

 

 

僕は、一生懸命働いて、生活を切り詰めても毎月数万円ずつしか貯金できないなら

 

もっと収入を増やして一気にお金を集めた方が効率がいいと思います。

 

 

だから僕は

 

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作るためにお金と時間を使うことにしました。

 

 

 

お金を稼ぐ=自分の時間を切り売りして働く肉体労働

 

それしか知らないというのは勿体無いことだと思います。

 

 

 

 

 

肉体労働というのは、自分の時間を切り売りして働くということです。

 

時間と体力には限界があるので収入にも限界があります。

 

 

その点、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築してしまえば

 

自分が寝ている間、遊んでいる間にも収入が入ってくるようになるので収入に限界がありません。

 

 

それに、もし病気や怪我などで働けなくなった場合

 

会社からの給料以外に収入があれば安心ですね。

 

 

 

働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築する方法について

 

期間限定で情報公開しているので是非ご覧ください。

 

 

今なら無料です。

 

 

期間限定無料 特典付き 自分でお金を生み出す力を身に付けるメール講座

 

 

自分が働かなくてもお金を稼ぐことが出来る仕組みを構築すれば金銭面の不安は無くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材