仕事を覚えられない人の心理。成長しない理由はなぜか

 

仕事の覚えが遅い人

 

僕は最近会社で、新しく入社してきた人に仕事を教えているのですが、その教えている人がなかなか仕事をできるようにならなく、苦労しています。

 

仕事を教える立場になって感じたことを記事に書いてみようと思いました。

 

僕が現在教えている仕事はそんなに難しい仕事ではありません。

 

自分はその仕事を覚えて一人でできるようになるまでにかかった日数は2週間ちょっとでした。
そして、今までに2人にその仕事をできるまで教えたこともあります。2人とも一ヶ月もしないうちにできるようになりました。

 

今回で3人目です。
今回も一ヶ月ぐらいで一人でできるように教えるつもりでした。しかし、もう6週間ぐらい経っているのですが未だに仕事ができません。
みんな大体同じように教えています。

 

今回教えてる人の仕事の覚えが遅いのは一体なぜなのか?考えてみました。

 

仕事を覚えられない理由

 

やる前から無理だと諦める

 

当たり前ですが、何をするにも最初は何も分からない状態からのスタートです。
何も分からない状態の人に事細かく説明したところで理解できるわけはありません。

 

なので、まずはなんとなくでもいいのでどうゆう仕事なのかというのを知ってもらうために、僕が一通り作業し仕事の流れを見てもらいました。

 

すると、
なぜか笑いながら「自分はこんな早く仕事できないですよ〜」と言われました。

 

まあ、作業をやって見せただけでまだ何も教えてもいなから当たり前ですね。わざわざそんなこと言わなくても...

 

やる前からずいぶんと弱気だな。と思いましたが、できるように教えるのが今の僕の役目なので「大丈夫です、すぐにできるようになりますよ」と普通にフォローしました。

 

この時点で第一印象は良くないと思ってしまいました。

 

ネガティブ思考

 

最初は思うように仕事ができないのは仕方ないことです。
しかし、毎回何か失敗したり教えたりする度に「無理ですよ〜」「できないですよ〜」と口癖のように言うんです。
さすがに僕は「できるようになるために教えてるのにそんな気持ちだったらいつまでたってもできるようにならないですよ」と少しキツく言ってしまいました。

 

自分でできないとか、これ以上は無理と限界を決めてしまうとそれ以上成長するのは厳しいと思います。

 

他の人のやり方を参考にしない

 

僕は決して自分が仕事ができるなんて思っていません。
でも、今は僕が仕事を教える立場で指導者であるいじょう僕の言っていることは聞いて欲しいわけです。

 

何回も同じ失敗をします。そしてミスをしないようにするやり方を教えてもまた同じように失敗します。教えた通りにやらないからです。

 

作業スピードもずっとやっても早くならなくあまり成長を感じません。早くなるやり方を教えてもやらないからです。

 

できないのに毎回同じやり方をしても変わりません。どうして同じミスをしてしまうのか。どうして早くできないのか。出来る人と自分は何が違うのかというのを考えながらやらないとずっと同じことの繰り返しです。

 

失敗を人のせいにする、言い訳をする

 

失敗するのは仕方ないことだと思います。人間は誰だって失敗はするものです。
別に失敗すること自体が悪いわけではありません。大事なのはその失敗を生かしたり、反省したりすることではないかと思います。

 

しかし、今教えている人は自分のミスを人のせいにしたり、言い訳をします。
それにはさすがに呆れてしまいました、笑

 

自分のミスを素直に認められないというのは人としてどうなのかな。と思ってしまいますね。

 

 

 

上記の4つが仕事をいつまでたっても覚えられない原因なのではないかと僕は思います。

 

上記4つの原因は言ってしまえば全て仕事を覚えようというやる気(気持ち)の問題ではないでしょうか。

 

仕事が出来る出来ないという個々の能力的な部分もあるかもしれません。
しかし今回の人に関してはそれよりも気持ちの問題でしょう。

 

 

 

僕はアフィリエイトで稼いで人生を変えると決めたのですが、
アフィリエイトで稼ぐということと仕事を覚えるのが遅い人の心理を合わせて考えてみました。

 

アフィリエイトで稼ぐ

 

やる前から諦めてしまう

 

アフィリエイトをやる前から「自分には向いてない」とか、「よく分からないけどどうせ稼げない」なんて考える人は当然稼ぐことはできないでしょう。やる前から諦めてしまったら可能性はゼロです。

 

行動しなければ、失敗は100%無い。
成功も100%ないけどね。

 

ウェイン・グレツキー

 

ネガティブ思考、限界を自分で決めてしまう人

 

自分で限界を決めてしまうということは、その限界が基準になって、それ以上のレベルに達するのが難しくなるということです。

 

例えば、
自分はごく平凡な人間だから普通の給料しか稼げないんだ。月に100万稼ぐなんて無理無理。
と、自分は一般的な給料しか稼げない。それが限界だと思ってしまうとします。

 

すると、その一般的な給料(月20〜30万程度)が基準になってそれ以上に稼げるとは考えられません。

 

考えないということはそれ以上の成長はないということです。

 

つまり、アフィリエイトで稼ぐということにつきましてはネガティブな考え方や自分で限界を決めてしまうということが稼げない理由につながってしまいます。

 

 

他の人のやり方を参考にしない

 

アフィリエイトで稼いで生活している人は実際にたくさんいます。
そのような成功者の考え方や良いと思う部分を参考にすることは成功する近道になるでしょう。

 

良いと思った人や凄いと思った人がいたとしたらなぜ、そう思うのか。考えることが重要です。
そして、その人と比べて自分には何が足りないのかを考えていくと成功するためにやるべきことやヒントなどが見つかります。

 

他人のやり方を参考にするということは自分の成長につながります

 

 

言い訳、何でも他人のせいにする考え方

 

言い訳や何でも他人のせいにするという考え方は、はっきり言うと「自分にとってプラスになることは何もありません」

 

毎日一生懸命働いても給料が少ないという不満を会社のせいにする人。

 

たしかに、そう思ってしまう気持ちも分かりますが、そんなことを会社のせいにしたところで給料が上がるわけではありません。

 

それが自分で選んで就職した会社ならそれは会社のせいではなく、自分が選んだ道です。

 

僕は自分の選んだ道に不満を感じたので会社のせいにするのではなく、自分で会社に頼らなくてもいい生き方をしようと思ってアフィリエイトを始めました。

 

 

 

まとめ

 

仕事でも何でも自分が思うようにできない、うまくいかない。と感じたり悩んでしまうことはあると思います。

 

そんな時に、自分はダメだとか思ってしまい落ち込んだり諦めたりしてしまうと人は成長できません。
ネガティブ思考になってしまうということは自分で自分の首を絞めることになってしまいます。

 

 

何かに悩んでしまったり挫折しそうになった時はネガティブになるのではなく、なぜ、そうなってしまったのかという原因を追求し考えて行動することが成長につながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材