洗脳について

 

先に言っておきます。

 

「自分は絶対に洗脳なんかされない」

 

という人もいると思いますが、

 

洗脳されたことがない人間なんていません。

 

 

洗脳というのは常に行われているのです。

 

 

まず、洗脳について少しだけ知っておくべきだと僕は思います。

 

 

決して難しいことではありません。

 

 

洗脳というのは、簡単に言うと

 

人に新しい価値観を植え付ける」ということです。

 

 

 

実は、学校教育なんかも洗脳なんです。

 

 

  • 良い学校を出て
  • 良い企業に就職し
  • 定年まで働き続け
  • 老後は年金暮らし

 

学校では、このような価値観を植え付けるために教育しています。

 

 

このように教育された人々はそれを疑うこともなく

 

それが当たり前だと思い込んでいますね?

 

 

これこそが洗脳の正体です。

 

 

つまり、

 

知らず知らずのうちに自分の意思ではなく教育された通りの人生を歩んでいる人がほとんどだということです。

 

 

自分の意思では働きたくないと思っています。

 

しかし、周りの人たちも皆同じように働いているから周りの人間と同じように働き続けるのです。

 

 

このように考えるのも洗脳されているからです。

 

 

学校では、クラスでまとめられ、集団行動するということを教育されます。

 

すると、集団(クラス)からはみ出すことをすることは悪いことだと考えるようになります。

 

 

だからこそ、周りと合わせて皆同じような人生を歩んでいるんですね。

 

学校教育というのはサラリーマンになるように洗脳しているということです。

 

 

世の中の9割がサラリーマンという事実の裏側にはこのような背景があります。

 

 

 

 

洗脳という言葉を聞くと

 

詐欺師などが言葉巧みに人を騙したりして

 

自分の思うままに人を動かすという危ないイメージがあるかもしれませんが、

 

 

たしかに、洗脳というのは場合によっては危険です。

 

 

先ほども言ったように、洗脳というのは

 

人に新しい価値観を植え付ける」ということです。

 

 

ということは、

 

詐欺的な手法を正当化するという悪い価値観を植え付けてしまえば

 

その価値観を植えつけられてしまった人間はその価値観が正しいと思ってしまう場合もあるということです。

 

 

洗脳自体が悪いわけではない

 

 

僕は、洗脳について少し勉強をしました。

 

 

一応言っておきますが、

 

詐欺師のように人を洗脳して自分のいいように人を使うために勉強をしたわけではありません。

 

 

僕は、弟が詐欺師に洗脳されていると感じ

 

直感で危険だと思い、

 

大事な弟を助けるために洗脳について知識を付けました。

 

 

詐欺師に洗脳されてしまった弟

 

 

僕の弟は19歳の大学生です。

 

前までは普通にバイトをして学校に行っている普通の大学生でした。

 

 

しかし、ある日 突然バイトを辞めたのです。

 

何かあったのかと思い、話を聞いてみると

 

 

バイトするよりも簡単に楽して稼げる方法があるから辞めた」と言いました。

 

 

それから弟は考え方が変わりだんだんおかしくなっていきました。

 

 

 

  • サラリーマンやバイトなど時給や月給で働くのは馬鹿だ
  • 金さえあれば幸せになれる
  • 自分は年収1億以上稼げるようになる

 

 

そんなことを言うようになり、人生について語るようになりました...

 

 

たしかに、生きていく上でお金はたくさん持っていた方がいいに決まってます。

 

しかし、僕はお金だけが全てだとは思いません。

 

 

弟は、人の気持ちも考えれなくなっていて

 

「自分さえ良ければそれでいい」みたいな

 

お金に支配されたような性格になっていくのを見て、悲しくなりました。

 

 

僕にとっては大事な弟なので、

 

そんな金の亡者みたいな奴にはなってほしくないと思い、

 

なんとかしようと決めました。

 

 

 

前まではそんな考え方をするような弟ではなかったんです。

 

 

なので、こんな風に変わってしまったのは何か原因があると思い調べることにしました。

 

 

詐欺師に洗脳されていた

 

 

最初にも言いましたが、洗脳というのは

 

人に新しい価値観を植え付ける」ということです。

 

 

僕の弟は詐欺師に悪い価値観を植えつけられてしまったんです。

 

 

最近は、大学生や若い人などをターゲットにしてネットワークビジネスの勧誘をしている詐欺師が多いです。

 

 

そういう人たちの手口はこうです。

 

 

  • カフェなどに呼んで将来の夢などを聞いたり、悩みを聞いたりする
  •  

  • 自分の生活(非現実的な派手な生活など)を見せ
  • 憧れさせるようなことを言ったりして興味を引く

     

  • サラリーマンとして働き続けることについて語る
  •  

    ここで恐怖を煽る(サラリーマンでは幸せになれないなど)

     

  • 派手な生活をしたり、金持ちになることが幸せだという価値観を植え付ける
  •  

  • 幸せになりたければ自分と同じことをすればいいと参加させる
  •  

  • その後、何かと理由をつけてどんどんお金を取る

 

 

大体こんな感じです。

 

実際に僕も数年前同じようなことがありました。

 

 

 

あとは、SNSなどで贅沢な暮らしや高級車、札束などを見せつけて集客している人たちもほぼ詐欺だと捉えていいと思います。

 

 

 

僕が、弟が詐欺師に洗脳されていると判断した決め手は

 

人に対する気持ちが変わってしまっていたというのと、

 

必要以上にお金に執着するようになったからです。

 

 

悪い方向に人格が変わってしまったので、

 

自分さえ良ければいいと思っているような人間に悪い価値観を植えつけられていると思いました。

 

 

ここからが重要です。

 

 

洗脳されていることに気づかせてあげたり、逆にこっちが洗脳するとなると

 

相手の心理状態を常に考えなければ大変なことになってしまう恐れもあります。

 

 

洗脳されていることに気付かせる方法

 

 

まずは相手の気持ちを考えてみる

 

 

まず、一番大事なのは

 

最初は否定しないことです。

 

 

 

僕の弟は洗脳されて、どう考えてもありえないようなことを言っていました。

 

 

完全に、自分は何でも出来ると信じ込んでいる状態です。

 

 

根拠のない自信を持つこと自体は悪いとは思いません。

 

実際、ビジネスというのはやってみなければ分からないことばかりなので、

 

とにかくやってみるという気持ちは大事だと思います。

 

 

そこで、「君には無理」とか「絶対うまくいかない」とか言ってしまうと

 

人は心理的にその人の言うことを聞かなくなります。

 

 

もし僕が弟の言っていることを最初から全部否定してしまったら話にならなかったと思います。

 

人は否定されると、その人は敵と判断してしまいます。

 

 

だからこそ、説得したり、自分の話を聞いてもらいたい時は

 

まずは相手に敵ではなく味方なんだよということを分かってもらうことが第一です。

 

 

否定ではなく肯定してあげる

 

 

相手が最初は聞く耳を持たない状態ならまずは話し合える環境を作らなければいけません。

 

 

否定されたりすると誰もいい気はしませんよね?

 

 

なので、相手の気持ちを尊重してあげたり、親身になって話を聞いてあげるということが大事だと思います。

 

 

 

これでまずはこちらの話を聞いてもらえる状態になりました。

 

 

そして、弟に信じる人を間違っているということを教えてあげることにしました。

 

 

 

どんな手段を選んででもお金を出させようとする詐欺師

 

 

しっかりと弟の話を聞くと、

 

どう考えても弟が信じている人は、人のことを金としか見ていないような印象を受けました。

 

 

あまり詳しいことは書けませんが、

 

大した知識のない僕でも論破出来るぐらい胡散臭い、ほぼ稼げない投資の案件をどんどん広めるビジネスのようですが、

 

 

とにかく情報弱者ばかり集客していました。

 

そして、一人からいくらお金を取れるかということしか考えていないような感じでだったのです。

 

 

弟は、信じている詐欺師に言われた通りにやれば金持ちになれる、成功すると思っていました。

 

一時的にお金が入ってきたものだから、すっかり信じきってしまったみたいです。

 

 

ちょうど、一時的に稼げた時に

 

楽して稼げると思ってしまいバイトを辞めたようです。

 

 

そして少し稼いでからだんだん稼げなくなり、

 

バイトもしてないから収入が無くなって不安になってきたところで

 

「もっと知識を付けた方が稼げる」と、50万円でコンサルを勧めてきたみたいです。

 

 

しかし、そんなお金はないわけです。

 

 

恐らく、その頃クレジットカードを作ろうと思ったのでしょう。

 

 

弟はまだ未成年なので親の同意がなければカードが作れません。

 

しかし、親は「バイトもしていない、収入がないのにカードなんてありえない」と猛反対。

 

まあ、これは当然ですよね?

 

 

僕は急に弟がバイトを辞めてからクレジットカードを作りたいと言い出して親と口論していたのを耳にしていました。

 

そして、弟の話を聞いていくうちにクレジットカードを作ろうと思ったきっかけを知ったのでした。

 

 

ちょうど、弟はもう少しで誕生日で20歳になるのですが、

 

 

このままでは20歳になった途端に借金を作ることになると僕は睨んでいました。

 

クレジットカードの他にも、消費者金融などからの借り入れも可能性があると思っていました。

 

 

すると、案の定。

 

僕の思った通りでした。

 

いや、それ以上に衝撃を受けました...

 

 

 

闇金からでもお金を借りても大丈夫だと考えていたのです...

 

 

ゾッとしました。

 

 

詐欺師に50万円支払えば絶対に成功すると信じていたので、

 

借金しても大丈夫だと思い込んでいたのです。

 

 

 

先ほどもいいましたが、詐欺師はひとりの人からいくら金を取れるかということしか考えていません。

 

 

その人が借金を背負って困っても痛くも痒くもないからです。

 

 

人のことを金としか見ていない人間は残酷です...

 

 

稼げもしない投資を「絶対に稼げる」と勧めて借金を背負わせ自分だけが儲ける詐欺師の手口

 

 

絶対に許せませんが、騙される方にも少なからず原因があるのかもしれません。

 

 

しかし、どんなことがあってもやはり大事な弟なのでなんとか救ってあげたいと思うものです。

 

 

 

PS.

 

 

僕は、投資自体を否定するつもりはありませんが、

 

高い金利を払って消費者金融などから借金してまで投資に手を出すのは違うということを弟に教えました。

 

 

 

資本金があれば投資で大きく稼ぐ可能性もあるかもしれませんが、

 

 

貯金も収入もない、さらに借金を背負った状態で投資に手を出すのは非常に危険です。

 

というより、100%と言ってもいいぐらい稼げません。

 

 

なのに、稼げると信じさせて行動させるのが詐欺師の洗脳です。

 

 

 

今回、なんとか未然に信じる人を間違っていると教えてあげることができました。

 

 

僕が弟と話をしなかったら借金だけが増えていたかもしれません。

 

危ないところでした。

 

 

実の弟が詐欺師に引っかかった話を不特定多数の人が見るネット上に書き込むべきではないかもと、

 

色々と考えたりもしましたが、

 

 

もしかすると、似たような手口で詐欺師に洗脳されている人が他にもたくさんいるのかもしれないと思い、

 

一人でも多くの人がそれに気付いてくれればいいと思い記事を書かせて頂きました。

 

 

 

 

最近は、

 

仮想通貨やFX、投資系のビジネスなど、ネットビジネスをやっていますみたいな人が本当にたくさんいます。

 

 

ネットの世界というのは想像以上に大きな額のお金が動いています。

 

 

そのような世界では必然的に金の亡者のような詐欺師もたくさんいるのが現実です。

 

 

僕もアフィリエイトというネットビジネスをやっていますが、

 

 

アフィリエイトをやって色々と気づいたことがあります。

 

 

人を正しい方向に導くのがネットビジネスだと思っています。

 

 

 

ですので、僕はアフィリエイトを通じて

 

詐欺師のように自分さえ良ければそれでいいという考えではなく、

 

 

人を正しい方向に導くために情報発信するアフィリエイターになりたいと思っています。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

よろしければこの記事を読んでみてのご感想などをお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

 

 

この記事の感想を送ってみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材