今の時代、一生働けるという保証はない

 

近年はもの凄いスピードでどんどん時代が変化しています。

 

例えば、携帯電話なんかも年々凄くなっていますね。

 

僕が始めて携帯を持ったのは中学3年生の終わり頃でした。普通にガラケーの時代です。

 

携帯を持ち始めて数年後。

 

スマホ、iPhoneが主流になってきました。

 

画面だけでボタンがない。始めて見たときはなんだこれ?と思いました。

 

画面を触るからボタンが無くなってシンプルになりました。
それなのにガラケーよりもものすごく便利。

 

カメラの画質もガラケーとは大違い。

 

特に驚いたのが、YouTube(動画)が見れるということでした。

 

ガラケーと比べると、明らかにレベルが違います。

 

手のひらサイズのパソコンのような物です。

 

今ではスマホやiPhoneが当たり前になって、すっかりそれに慣れていると思いますが、
考えてみたら携帯電話の時代の変化って凄くないですか?

 

僕なんて最初はガラケーを使って、高2ぐらいでやっと初めてスマホでYouTubeを見れることに感動していたのに、

 

今では小さい子どもでもスマホやiPhoneなどで普通に動画を見れるような時代です。

 

今のスマホやiPhoneしか知らない年代の子がガラケーを使ったら、
「なにこれ?おもちゃみたい」と思うかもしれません。笑

 

携帯電話1つでもたった数年でこれだけ変化しています。
まだまだ便利になっていくと思います。

 

 

そんな、どんどん便利になっていく時代ですが、こんな時代の変化が続くと今後どうなっていくでしょうか?

 

僕は、時代の変化はいいことばかりではないと思うんです。

 

今までの常識が通用しなくなる

 

まず、時代の変化とともに常識も変わっていくと思います。

 

常識というのは、当たり前だと思っていること。思い込みのようなものです。

 

例えば、仕事。

 

仕事がある、一生働き続けることが出来るという常識

 

この常識が通用しなくなってしまったら..一体どうなってしまうでしょうか?

 

仕事が無くなるはずがない!なんて思う人もいると思います。

 

そう考えるのは当然だと思います。

 

なぜなら、それが当たり前だと思い込んでいるからです。

 

知らない人にいきなり「あなたの仕事は将来なくなるよ」なんて言われたらいい気はしないかもしれません。

 

しかし、残念ながら時代の変化と共に、無くなっていく仕事もあるというのが現実です。

 

時代の変化と共に仕事が無くなる

 

 

この画像は、人工知能(AI)技術の発達により、今後無くなる可能性がある仕事が書かれています。

 

今後、ロボットが働くという時代になるそうです。
ロボットが働くと聞くと、なんかイメージしにくいと思いますが、

 

ロボットっていっても、頭と胴体と手足があるような感じではなくて、機械のことです。

 

 

気にして考えてみると、もう既に結構ロボット(機械)が働いています。

 

例をあげていきます。

 

写真を現像する仕事

 

昔は、インスタントカメラを買って、写真屋さんなどにフィルムを渡し、現像してもらうのが主流でした。

 

しかし今では、スマホやデジカメなどで撮影した写真をコンビニや自宅のプリンターなどで現像する人が増えました。

 

スーパーなどのレジ

 

セルフレジというのが最近少しずつ増えてきました。

 

お客さん自身が機械を操作し、購入したい商品の会計を済ませることが出来るようになりました。

 

機械が、商品のバーコードを読み取ったり、お金を受け取り、お釣りがあればお釣りを自動で計算し払い出す仕組みとなっています。

 

店員の仕事を機械が全部やってくれるので、今後セルフレジが主流になってくるとレジの店員が必要無くなってしまいます。

 

高速道路の料金所スタッフ

 

高速道路を使用するとき、ETCカードがあれば自動でお金が計算されてその場でお金を支払う必要がないのでとても楽です。

 

最近はETCを付けている車が多いのではないでしょうか。

 

ETCという便利なものがあれば、ほとんどが自動なので料金所の人の仕事が無くなってしまいます。

 

未来のことなんて誰にも分からない

 

将来仕事が無くなってしまうというのは、あくまで予想なので本当にどうなるかなんて誰にも分かりません。

 

しかし、時代がどんどん変化しているというのは事実です。

 

僕は、その事実は受け入れなければいけないと思っています。

 

つまり、時代がどんどん変化しているのだから、自分も変化しなければいけないと思います。

 

時代はどんどん変化しているのにいつまでも自分は古い考えのままでは困ります。

 

変化に対応しなければいけない

 

時代はどんどん変わり続けているのに、それを受け入れられない人。

 

そんな人が非常に多いのではないでしょうか。

 

 

  • 時代が変わって仕事が無くなる可能性があるのに、そんなことはありえないと受け入れられない人
  • 今はネットで何でもできてしまうような時代なのに、ネットは怪しいと思い込んでいる年配の方

 

 

時代の変化に対応できないでいると、いつまでも古い考え方が正しいと思ってしまいます。

 

しかし、古い考え方はどんどん通用しなくなってしまいます。

 

例えば、僕の祖母はネットは怪しいものだと全否定します。

 

昔はインターネットなどなかったので、そんな得体の知れないものは信じられないと判断してしまうのです。

 

そう思ってしまうのは仕方ないことだと思います。

 

 

しかし最近は、ネットで大金を稼ぎ出す人がどんどん増えています。しかも、働かずに。

 

働かずにネットで稼ぐ

 

これ、どう思いますか?

 

  • 働かないでお金を稼げるなんて、ずるい
  • ネットで稼ぐなんて怪しいからやめたほうがいい

 

そう考えてしまうのは、時代の変化に対応できていないからではないでしょうか。

 

実際にネットで大金を稼ぐ人がいるのに、どうしても怪しいと考えてしまうのです。

 

 

お金を稼ぐ=働くという常識が少しずつ変わってきているということに気づいている人たちは、どんどんネットで稼いでいるだけの話です。

 

ネットで稼ぐということ自体は、何も怪しいことではなく、そういう稼ぎ方をする時代ということなんです。

 

常識がどんどん変わっているという現実を受け入れられないでいると、

 

将来、本当に仕事が無くなった時に困ってしまいます。

 

 

 

PS

 

 

僕は、時代の変化を受け入れてネットで稼ぐことにしました。

 

ネットで稼ぐことができれば、将来今の仕事がなくなっても動じることはありません。

 

本当に仕事がなくなるかどうかなんて分からなくても、これだけは間違いないと思っていることがあります。

 

それは、

 

もしこのまま働き続けることができても、つまらない人生を送るだけということです。

 

 

これから先もずっと会社にこき使われて、色々と我慢しながら生活しなければいけない

 

もしかしたら働けなるかもしれないというリスクがある

 

このままだと、そんな未来しか想像できないわけです。

 

 

しかし、ネットで稼げるようになるとどうでしょうか?

 

働かなくてもお金を稼ぐことが出来るんです。

 

つまり、会社に頼らなくてもいい。

 

働かなくてもいいということは自由です。

 

自由でお金にも困らない生活

 

そんな未来の方が絶対に良いに決まっています。

 

働かなければ生きていけないなんていうのはもう古い考えだと思います。

 

 

新しいことに挑戦するのは覚悟がいることだし、リスクもあるかもしれません。

 

それでも、何もしないで古い考え方に執着するよりはいいと思っています。

 

 

自分で稼ぐ力を身につければ時代が変化しても動じない、そして自由な未来が手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール お問い合わせ 無料プレセント 人気記事 推奨教材